キッチンリフォームはワークトライアングルに注意

最近のシステムキッチンは収納スペースの充実が目を引きますが、収納力だけでなく、収納の仕方や実際にキッチンを使う場合の動線にも注意を払う必要があります。キッチンは長時間の作業を行う場所ですから、その居心地や使い心地は非常に大事なポイントになります。特に、作業する際の動きや距離についてはしっかり考えることが大切になってきます。

 

シンク、コンロ、冷蔵庫は使用回数も多く特に重要なもので、動線を検討する際には特に重要視されます。ちなみに、この3点を結んだ線をワークトライアングルと言い、このワークトライアングルの各辺の長さが適切であることが重要です。できればこの動線上に必要なものが全てあるのが望ましいといえるでしょう。たとえば食材や食器の収納スペースや、作業スペース、ゴミ箱などです。

 

キッチンの幅は270cmが主流になっていますが、実際に台所に立つ人の人数や、家族が多く調理しなければならない量が多い場合などは、もう少し大きくなっても良いでしょう。また、通路の幅であったり、ワークスペースに同時に立って作業できる人数なども考えてキッチンは検討する必要があります。

 

キッチンの形もオーソドックスなものから、L型、コ型、アイランド型など様々な形があり、それぞれ使い勝手が違ってきます。何が理想的なのかはリビングとの距離や、家族のキッチンへの参与度などによっても変わってきますので、家の設計や家族構成などを考えながら空間設計まで考えるようにしましょう。システムキッチンの素材や形ばかりを気にしていると、意外に見逃しやすいポイントです。